panelarrow

看護師雑記〜日々のたわごと。

Just another WordPress site

2015年7月20日
by master
0 comments

看護師の求人情報サイトを利用して転職

看護師の求人情報サイトを利用して転職を決行、
私はある中堅の病院の内科に努めている看護師です。
元より、私は病院における看護や医療といった全般に興味があり、特に精神的な病理の分野がしたいと前から考えていて、そちらの分野での勉強をしながら勤めていました。
そして、現在の病院での勤務体制や状況が私の意思に合わず、更に忙しくなりそうなのでボチボチと転職を考えていたのです。
看護師専門の求人サイトに登録、

看護学校卒業の同期生達も皆んな私と似たような環境で努めているのでしょうが、彼女たちに特に相談しても余り意味が無いと考え、ただ、気の合った一人の友人に看護師専門の求人サイトへネット登録してみたら、というアドバイスを戴いたのです。
結局、私が転職を考えた理由は色々有りましたが、直接の思い立ったのは、心療内科のような精神的ケアの分野におけるスキルアップ、というのが理由になるでしょう。
そして、転職の際の求人に関しては、色々探しましたが精神科や心療内科の有る、公的病院を主として探してみました。
私は直ぐにオンラインサイトを検索して、取り敢えず二つのサイトに登録してみました。
それは、一見したところ雰囲気が良さそうな、「○○ではたらこ」、それに、「○○のお仕事」の二つです。
応募の結果と現在の勤務状況、

応募の際には、転職の相談をしてくれる相談員(転職コンサルタント)がおりまして、その方に、色々と私の希望に関して細かい相談をしてみたら、その方の話として企業内病院や其れに関して企業看護師という分野も有ることを知りました。
それは、大企業内で病院で、企業で働く全社員を対象にした従業員の健康管理を主体に行っている業務ということで、私は非常に興味を持ちました。  その中には、精神的な分野も含めて、社員の生活習慣病の予防から肥満やメタボ対策をはじめ、精神性の有るウツ病や自律神経の疾病に至るまで、幅の広い健康管理を業務とする仕事でした。
求人情報を相談員から連絡を貰って、応募してから採用されるまではあまり時間は掛かりませんでした。
勤め始めてから未だ日が浅いので、実際の努めの感触は具体的には判りませんが、やはり、大企業の社員たちや従業員の家族が主な相手ということで、普通の一般の病院より雰囲気もよく取り敢えずがユッタリ気分で勤めています。

看護師の求人でおすすめのサイトはこちら 看護師求人サイトまとめ【本当に使える求人情報とは】

2015年6月20日
by master
0 comments

外食で自分流レシピを蓄積しています

最近すごくハマっていることのひとつにレシピ改革があります。どういうことかと言うと、外食時に自分が気に入ったおかずの写真を様々な角度から撮り、自宅に帰ってからその品について、覚えている限りのことをレシピノートにメモるのです。現在おおよそ150種類の私流レシピが出来上がりました。面倒くさいですが、気が向いたら撮影した写真を出力して、貼り付けたりもすることがあります。今日はこのレシピ蓄積がどのように私の生活の中でどのように活用されているかをお話しましょう。

まず、夫が私が作った料理を見て感動します。実は、今までは毎月ほとんど典型的なメニューが食卓に並ぶことが多かったのですが、最近は私の創作料理とも言える、お店から密かに盗んだメニューにプラスアルファを加えた料理を作り始めたため、夫は不思議そうな顔をして食べています。しかし、その一方で我が息子は「何、これ?この食材は何なの?」とブツブツを文句を言いながら恐る恐る口に入れていることもあります。とにかく、家族の奇妙な顔を見るのが私にとっては一種の快感になっていて楽しいのです。

さらに、友人が遊びに来た時などにもこの自分流レシピは大活躍しています。以前は友人を自分の自宅に招いて食事を共にすることなどはなかったのですが、最近の私は料理に自信をつけてきているので友人にも料理を振る舞うようになりました。夫や息子とは異なり、女性は興味津々で私の作った料理をカメラに収める人さえいるのですよ。私の料理の基本はあくまでも外食で食したものですが、それらに少し自分なりの工夫を加えて提供しているだけなのです。

いや~、ホントに楽しいですよ。ただ、ひとつネックなのは材料費ですね。創作料理が多いがゆえに、材料費は実は結構かかっています。次はここをどのようにして削減するかを考えるステップに来ているかもしれませんね。

2015年6月20日
by master
0 comments

お金がないおっさんのダイエット。

私が最近始めた事はとりあえず歩くことです。
最近は年をとってきたこともあってか歩くのが面倒くさくなり、すぐ電車にのったり、タクシーにのったりしていました。
当然ですが、そうなるとお金もたまらず体型もドンドン横に、お腹は縦に広がっていきました。
今まではいてきたズボンがほとんどはけなくなった時は流石にこれはまずい。
と焦り、ダイエットをしようと試みました。
形から入りたがる私は、フィットネスジムに通おうとしたのですが、
仕事が忙しく、中々ジムを見に行く時間さえ作れませんでした。

ある日終電で帰った所自転車のカギを無くしてる事に気がつきました。
一瞬タクシーを呼ぼうかと考えましたが、その日の懐具合ではとてもタクシーなぞ呼べる状態ではありませんでした。
しょうがないので私は歩く事にしたのですが、久しぶりに歩くといつも通る道でも新鮮な気持ちになる事に気がつきました。
こんなところに梅の木があったのか、ここにこんな店ができたのかなど楽しみながら歩いてると、あっさり自宅前についていました。
少し汗ばんでいましたが、久しぶりに運動した気持ちのいい汗でした。

それからは極力時間があるときは歩くようにしています、あまりにも遠い所や土地勘のない場所は歩きませんが、その逆の場所は率先して歩くようにしています。

お陰で体型も少しずつながら横への縮まりが始まっています。
少し痩せてくると自信がわいたのか家で簡単な筋トレやスクワットも始めました。

当然結果としてお金も節約できてますし、新しいまだネットにも載ってない店を、見つけれたりすることもでき、会社ではおしゃれな穴場を知ってる人みたいになりました。
はじめは偶然かついやいや始めた歩くことですが、結果としていい結果ばかりを私にもたらしてくれました。
何でもまずやってみるものだと思いました。

2015年6月20日
by master
0 comments

私の今年の日焼け対策

今年も本格的な夏がやってきますね。
若い頃は、日焼けした肌の方がかっこいいかな?と思っていましたが、
今は日焼けイコール、肌へのダメージや、肌の加齢化に結びついてしまうので、
焼かないという気持ちで毎日過ごすようにしています。

カーテンを遮光のものにして、朝日で焼けないようにしています。
遮光の物にしていなかった時は、朝起きると、夜にしっかりスキンケアしても
何故か肌がパリパリしてる気がしていました。遮光カーテンにしてみたら、少し軽減されているようです。
全く真っ暗だと朝日で目が覚めないので、少し光がわかる程度にはしています。

スキンケアは、一番力を入れています。今は、塗っても白くならない日焼け止めがたくさん売られています。
つい、顔に力を入れがちになるのですが、首の周りや、腕は怠っていると、すぐ焼けてしまうので
注意をしなければいけません。
首にストールとか、腕カバーとかすれば完璧なのでしょうが、夏はかなり暑くて
無意識にはずしてしまうので、やはり日焼け止めクリームなどを併用する方がいいですね。

日焼け止めクリームは、SPF50 PA++++のものが真夏はよく売られています。
私は年中顔には日焼け止めを使っていますが、冬の間は、SPF30程度の物を使っています。
やはり、SPFの数値が高くなると、塗っていても、肌への負担が少しあるような気がします。
日焼け止めの値段はかなり色々ありますが、肌に負担がかからない美容液などが
入っている物は高くなるのですが、私の場合は、きちんと基礎のスキンケアをしてから
日焼け止めを塗るので、高価な日焼け止めを使わなくても済みます。

最近は、美白成分が入った日焼け止めも売られていますが、
日焼けで弱った肌に、美白をすると、余計に肌に負担がかかってしまいます。
私は美白成分の一部が肌に合わないので、日焼け止めに関わらず、美白成分の化粧品は
使っていないので、余計に日焼け対策が必要になっています。

この夏も、できるだけ綺麗な肌で夏をやり過ごしたいです。